関係が近い人だけの結婚式!それが家族婚です


そもそも家族婚とは?

家族婚とは、結婚式の出席者を新郎新婦の親族に限定した形式です。親族以外では、ごく親しい人しか出席できません。意図的に出席者を限定することで、新郎新婦と出席者の交流を濃密にすることを主な目的としています。一般的な結婚式よりも出席者が少ないために、経済的な負担を軽くできるメリットもあります。しかしコスト以上に、両家の親族が交流したり、新郎新婦が配偶者の親族としっかり触れ合える時間を確保できることは、結婚式後の生活に役立ちます。

どんなところを会場にしたらいい?

家族婚は一般的な結婚式よりも出席者が少ないため、会場選びはかなり自由にできます。最初に選択肢に入るのは、一般的な結婚式でも利用できるホテルです。このようなホテルではパーティーの規模に合わせて複数の部屋を用意しているので、家族婚に適した部屋もあるのが通例です。出席者が少ないことを活かして、レストランなどを貸し切って会場にしたり、地元の公民館などを借りる手段もあります。出席者のスケジュールが合えば、海外に結婚式会場を設定するのもひとつの演出です。

家族婚はどのような内容になる?

家族婚の進行内容には特に決まりはありません。一般的な結婚式のように司会者を用意して進行させるのもひとつの手ですが、それは選択肢のひとつにすぎません。仕事上の関係者など、関係性が薄い人はその場にいないので「身内の集まり」というイメージで内容を決めてもいいのです。一番大切なことは、新郎新婦が結婚したという報告です。それさえ忘れなければ形式にこだわる必要はありません。ただし、出席者が身内のみとはいえ新郎新婦は「招待する側」なので、ある程度のおもてなしは必要です。

家族婚は親族だけで挙げる結婚式の事で、華やかな結婚式とは違い、家族とゆっくり語らいながら温かみのある式を挙げる事が出来ます。

家族での結婚式の詳細
家族だけの結婚式にアクセス