子どもの写真を綺麗に可愛く保管したいなら!


市販のフォトアルバムに整理して保管。

スマホデータやデジタルカメラのデータも、自宅のプリンターで印刷できたり、写真屋さんはもちろん電気屋さんやコンビニでもすぐに印刷することが可能です。データのままではなく印刷をして、専用のフォトアルバムに撮った日付順に並べるだけでも非常に見やすく写真を保管することが出来ます。子どもの学校での集合写真も同じ時期の写真のなかに入れることで、どの時期に撮られた写真かをしっかりと成長と共に記録することもできるのです。

自分でオリジナルのフォトアルバムを作成する。

データを印刷し、写真にできたら、スケッチブックやノートなど自分の好きなものに好きなように貼って、文章や絵などを書き込むことでオリジナルのアルバムを作ることが出来ます。写真を撮った際のエピソードを加えたりすることで、時間がたってそのアルバムを見たときに思い出も一緒に振り返ることが出来ます。学校の集合写真等も、子どもと一緒に貼り、子どもにそのときの思い出を日記として書いてもらったりしても楽しいですよね。

写真を残す方法は沢山!

他にも、データのままデジタルフォトアルバムを作ってもいいですし、今はスライドショーを再生してくれるデジタルフォトスタンドがあるので日常的に子どもの写真をふりかえるのもいいですよね。折角撮った写真をデータのまま置いておくのではなく、何らかの手に残る形で保管するのは大人になったときの楽しみになるので非常にオススメです。オリジナルのフォトアルバムを作成したりして、綺麗に写真を保管するために、一工夫してみませんか。

スクールフォトの撮影のテクニックを身に着けるために、時には外部の写真館のカメラマンに対応を任せることが有効です。