結婚披露宴をしない二人にも!おすすめのフォトウェディング


花嫁衣装を両親に披露できる

入籍をしても結婚式や披露宴は行わないという二人もいるものです。そうなれば、女性の場合には花嫁衣装を着ることなく一生を終えてしまうことにもなってしまいます。入籍をしたことでも両親に親孝行をすることができますが、両親は娘の花嫁衣装を一目見てみたかったと後悔している可能性があります。フォトウェディングでは撮影の際に衣装を着ることにもなるので、見学に来てもらえれば結婚披露宴は挙げないとしても花嫁姿を見せるという親孝行をすることができます。

好きな衣装で撮影してもらえる

フォトウェディングは、衣装やヘアメイクもセットになっているプランです。衣装は好きなものを選ぶことができるので、白無垢や色打掛といった和装を着たり、ウェディングドレスやカラードレスなどの洋装でも構いません。両方を組み合わせて着ることもでき、予算に合わせて選ぶことができます。また、すでに子供さんがいるという二人であっても子供用のおめかし衣装も用意されているので、わざわざ購入することもなく親子で撮影してもらうことができます。

自分たちの思い出の場所で

フォトウェディングでは、天候に左右されないスタジオ内での撮影の他にも、屋外でのロケーション撮影も行われています。景色の良い場所などあらかじめピックアップされている中から選ぶのもいいですが、二人だけの思い出の場所があれば頼むこともできます。デートで行った場所やプロポーズの場所など、撮影許可が必要な場所であれば事前にスタジオのスタッフが撮影許可を取っておいてくれるので、面倒な手続きもなく気軽に利用することができます。

フォトウエディングなら東京の業者のサポートを受けることで、短期間のうち魅力的なサービスを利用できます。